オシャレにデザイン!基本のCSS

ホームページをデザインするCSSとは

ホームページを構成する基本の骨組みはHTMLですが、ホームページのデザイン面をカスタマイズするにはCSSを学ぶ必要があります。今CSSに興味を持っている皆さんは、恐らくHTMLの基本は大体マスターした方々かと思います。その上で「もっと全体的にカラーを統一したい」、「背景画像ってどうやって設定するの?」、「テーブルタグみたいに機能する『div』要素を使えるようになってみたい」と言った要望が出てきたのではないでしょうか。CSSはもちろんそう言った設定を自由に操る事ができますし、何よりCSSファイルで管理する事により一々HTMLページを一つ一つ開かなくても一気に変更する事ができるのです。デザイン面でもメンテナンス面でも非常に便利、それがCSSです。

CSSファイルを設定するには

先ほども述べた通りCSSファイルはHTMLファイルとは個別に作る事ができます。ファイル名は「○○○.CSS」と拡張子を「CSS」で保存すればCSSファイルとして機能します。そして適用したいHTMLの<head>と</head>の間に<link rel="stylesheet" type="text/css" href="○○○.css">と記述する事で内容を反映させる事ができます。CSSは上記の記述をする事で一つのファイルを複数のファイルに適用させる事ができますし、逆に適用したくない場合先ほどの記述を書かなければ反映される事はありません。また、CSSファイルを複数作成してページのタイプ毎に振り分けると言う方法もあります。このように、CSSはホームページのデザイン管理を一括できる便利な言語なのです。

ホームページ制作を格安で請け負う業者は、個別の企業のニーズに合わせて、最適なプランを示すことができます。特に更新しやすいプランを選ぶと、新しい商品の紹介もスムーズに行えます。